肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2017.04.07 
日本政策投資銀行の環境格付を取得 雪印メグミルク一覧へ

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は3月28日、(株)日本政策投資銀行の「DBJ環境格付」認定を受け、その評価に基づく融資を受けた。

「DBJ環境格付」認定 「DBJ環境格付」とは、日本政策投資銀行が開発したスクリーニングシステムにより、企業の環境経営度を評点化して優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定する、という世界で初めての融資メニューのこと。
 雪印メグミルク(株)は、消費者や酪農生産者等と真摯に向き合った経営を行いつつ、環境CSR面においても、地球環境や地域社会における環境負荷低減に向けた取り組みを継続的に推進しており、今回の格付では次の点が高く評価された。
1.全社にISO14001:2015に準拠した環境マネジメント体制を展開し、部署ごとに企業活動に影響を及ぼす環境リスク・機会を特定しながら、廃棄物リサイクル率向上などの目標達成に向けた活動を推進している点。
2.各工場での積極的な工程改善提案や社内表彰、ならびに環境配慮設備の導入などの促進により、生産工程での低コスト化を通じた環境負荷低減に尽力している点。
3.「食」に携わる企業として、食育活動を社会的側面の重要課題と認識し、開催回数や参加人数などの目標を設定の上、小中学校への出前授業や種々のセミナーなどを開催し、「食」の重要性や牛乳・乳製品の価値を普及啓発している点。
 同社は今後も、大切な地球環境を次世代に引き継ぐために、環境保全活動を推進していく考えだ。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ