野菜・果物 ニュース詳細

2017.03.27 
横浜が花で彩られる 全国都市緑化よこはまフェア一覧へ

JA横浜や(株)サカタのタネが協賛

 JA横浜や(株)サカタのタネが協賛する第33回全国都市緑化よこはまフェアが3月25日から始まった。6月4日までの間、色とりどりの花が横浜市内を彩る。

フェアのシンボルキャラ「ガーデンベア」もお出迎え多くの人が写真を撮影していたサカタのタネのレッドクリフの展示

 よこはまフェアのテーマは「歴史と未来の横浜・花と緑の物語」。テーマフラワーはサクラ、チューリップ、バラ。
 会場は「歴史と未来の横浜」がコンセプトの「みなとガーデン」と、「緑豊かな横浜」がコンセプトの「里山ガーデン」の2カ所。「みなとガーデン」は横浜公園や港の見える丘公園などで開き、「里山ガーデン」はよこはま動物園ズーラシアを中心に開催する。
JA横浜の組合員が丹精こめて育てた花が並ぶ 会場の花はJA横浜の組合員が栽培したものがほとんど。またグランモール公園では農畜産物の販売を行っている。
 (株)サカタのタネは象の鼻パークの企業・団体出展「もてなしの庭」で、中国の歴史上の赤壁の戦いをイメージした「レッドクリフ」を展示。また横浜市内だけでみられるチューリップ「ラバーズタウン」の品種を提供。同品種は横浜公園の「ラバーズタウンフォトスポット」で展示している。
(写真左から)フェアのシンボルキャラ「ガーデンベア」もお出迎え、多くの人が写真を撮影していた、サカタのタネのレッドクリフの展示、JA横浜の組合員が丹精こめて育てた花が並ぶ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ