コラム 詳細

コラム:消費者の目

【花ちゃん】

2019.05.14 
【花ちゃん・消費者の目】リハビリでもPDCA一覧へ

 ケアハウスで暮らしていた義母が大腿骨を骨折し、近くの病院に入院しました。朝食に来ていないことに気が付いた職員さんが部屋に見に行ったところ、床に倒れていたのだそうです。もともと高齢で足元がおぼつかなかったことに加え、骨粗鬆症の薬を処方されるほど骨がもろくなっていたため、転んだ拍子に折れてしまったようです。病院でレントゲンを撮ると見事に折れていました。

 

◇   ◇

 

 手術は局所麻酔で行われました。全身麻酔に比べると本人への負担は非常に軽く、手術後2-3日目にはもうリハビリを開始していました。リハビリの様子を見ていましたが、まずは医学療法士さんが身体を支えて立つ、4本足の杖につかまって5メートル前に進む。次の日は10メートルに伸ばすという具合に、成功体験を積ませながら少しずつできることを増やしていきました。

 

◇   ◇

 

 その病院でのリハビリが終了すると、リハビリ専門の病院に転院しました。今はこんな病院があるのですね。広いリハビリ室には様々な器機が置いてあって、理学療法士がマンツーマンで患者さんと向き合っており、さながらスポーツジムのようです。車いすで首を固定された方から杖なしで歩ける方まで、さまざまなレベルの方が社会復帰に向けて熱心にリハビリに取り組む姿は、アスリートと重なって見えました。

 

◇   ◇

 

 ここでは定期的に10数項目の運動・記憶能力について評価を行っています。その結果は家族も入った定期面談で家族にも伝えられます。どの項目がどれだけ改善し、どの項目が不十分なのか、評点が上がっていると本人の励みにもなりますし、家族にも状況がわかりやすいと感じました。計画、実行、評価、改善のサイクルがリハビリに生かされていることに感銘しました。

 

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【花ちゃん・消費者の目】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ