人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食糧を武器にするな【森島 賢・正義派の農政論】2023年7月24日

一覧へ

食糧を武器にするな。

食糧は第3の武器、と以前からいわれてきたが、いま、その悪夢が現実になっている。ウクライナの穀倉で熾烈な戦闘が行われているし、僅かに収穫した穀物を輸出したいと思っても、輸出港が戦場になっているので、それもできない状況である。

他方のロシアでは、ロシア産の穀物輸出に米欧側が悪辣な妨害を行っている。そのため、平時のような輸出ができない状況である。

この結果、食糧の国際市場が供給不足になり、価格が暴騰している。これによって、ことに弱者が飢餓状態に陥っている。そして、こうした悲惨な事態を引き起こした責任を、互いに相手に押し付け、非難しあっている。

こうした意味で、いままさに、食糧が武器になっている。そして、それが原因になって、世界中の食糧価格が暴騰している。そのため食糧が、ことに弱者にまで届かない。

子供が飢えているのを、なすすべもなく見守っているだけのお母さんの心情を考えると、胸が痛む。それでも食糧を武器にして、今後も戦い続けるのか。

一刻も早く、ウクライナに平和を取り戻さねばならない。平和交渉を始められないのなら、せめて、停戦のための交渉を、ただちに始めるべきである。こうしている間にも、多くの人たちが死傷している。

紛争が解決すれば、価格は元に戻る。停戦交渉を始めるだけでも、価格は下がるだろう。そうなれば、弱者にも食糧が届き、お母さんたちの幸せな笑顔が戻るだろう。

正義派の農政論0724

上の図は、世界の代表的な食糧価格であるシカゴ市場の、毎日の小麦価格を64年間みたものである。最近の暴騰は、歴史的な暴騰といっていい。

この原因が、ウクライナ紛争にあることは、明らかである。紛争が始まった直後から、暴騰が始まっている。ウクライナの穀倉が戦場になっているし、平時のような輸送ができないことが原因である。

なぜ、食糧を武器にしてしまったのか。

武器といっても、キナ臭いものではない。しかし、だからといって食糧を武器にしていいわけはない。爆弾や砲弾が不足しているからである。武器になるのなら、何でも使う。食糧さえも武器にして、子供さえも餓死させる。

最近になって、アメリカはクラスター爆弾を公然とウクライナに与えだした。そして、実際に使わせだした。これに対して、日本の有識者は、アメリカもウクライナもクラスター爆弾を禁止する条約に入っていない、だから国際規律に違反していない、と援護している。そうして、紛争を煽っている。

日本や米欧の一部の政治家や有識者がいう正義は、このように、唾棄すべきものである。

それは、5月に広島を訪問したときの、米国のバイデン大統領の言動と似ている。人前から隠れて、原爆記念館をこっそり訪問したのだが、原爆は正義のために使った、といいたかったのだろう。

こんどのクラスター爆弾も、正義にために使っている、といいたいようだ。まして、食糧を武器にすることなど、何のためらいもない。正義や道徳の閾を、ここまで下げてしまったのである。

もともと、良い戦争などというものがないように、良い武器など、ありはしないのだ。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る