金融・共済 ニュース詳細

2013.02.06 
被災した9JA・JFへの支援 農林中金が概要まとめる一覧へ

 農林中央金庫は昨年、東日本大震災などで大きな被害を受けた東北3県の8JA、1JFの信用事業再建を支援するため、信用事業強化指導計画を策定し、JA、JFらもこれに従い信用事業強化計画を策定した。2月1日、24年度上半期のこれらの計画の履行状況が発表された。

 農林中金が支援を行っているのは、JAおおふなと(岩手)、JA南三陸、JAいしのまき、JA仙台、JA名取岩沼、JAみやぎ亘理(以上、宮城)、JAそうま、JAふたば(以上、福島)の8JAとJFみやぎの計9農漁協だ。
 8JAに対する指導計画では、被災者の営農再開・生活支援に向けた被災者向け商品企画などを提案している。具体的な活動としては住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどの借入者の負担軽減措置や農機具などリース料助成のサポートや二重債務対策の説明会の実施などがある。また、人的支援としてJAおおふなとを除く7JAに幹部職員を1人ずつ派遣している。
 こうした支援を受け、全8JAが営農再開や住宅再建など復興に向けた融資商品を提供しているほか、JA個別では、共同利用施設の復旧と共同利用農機の導入支援(JAおおふなと、JA南三陸、JAいしのまき)、パイプハウスなどのリース(JA南三陸、JAいしのまき、JA仙台、JA名取岩沼)、生産・除染資材の無償提供など稲作の栽培支援(JAそうま、JAふたば)、農地の利用集積による「いちご団地」の整備(JAみやぎ亘理)、被災地域の直売所での販促(JA仙台)などの取り組みを行った。
 JFみやぎに対しても同様の商品企画や人的支援などの指導計画を策定し取り組みを支援。JFみやぎでは生産施設を失った養殖業者などに対する再建計画の策定と新規融資などを実施した。
 これらの計画の履行状況については、農林中金ホームページで各組合別に公表されているほか、各県域やJA・JFのホームページでも自組合の取り組みを公表している。
 また、これら9農漁協に対する支援としては、こうした計画の策定・実施のほか、信用事業再編強化法に基づき、JAバンク支援協会とJFマリンバンク支援協会が農水産業協同組合貯金保険機構を通じて総額570億円の資本注入を行った。


(関連記事)

「待つより、出向く」被災漁協に可動式端末  農林中央金庫 (2013.02.05)

福島で防集事業支援 農林中央金庫 (2013.02.05)

JA貯金、90兆円を突破 農林中金 (2013.01.30)

被災JAへの資本増強方針を決定  農林中央金庫 (2011.12.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ