金融・共済 ニュース詳細

2013.02.06 
経常利益1453億円 農林中金第3四半期決算一覧へ

 農林中央金庫は2月5日、24年度第3四半期(10〜12月)決算(単体)を公表した。

 経常収益は7913億円で前年同期比で▲45億円となったが、経常費用も同▲112億円の6460億円となったことから、経常利益は同67億円増の1453億円を計上した。
 有価証券評価差額は1兆1276億円で昨年9月末に比べて4271億円増加した。これは年末からの日本株の株価上昇と、円安にともなって外国債券の評価益が円ベースで増加したことなどが要因だという。 総資産は80兆円を突破し80兆1962億円となった。農林中央金庫では会員の預金増加、円安の影響、資産の積み上げなどが要因としている。経常利益の通期目標は500〜1000億円。引き続き安定的な財務運営を行っていく方針だ。


(関連記事)

被災した9JA・JFへの支援 農林中金が概要まとめる (2013.02.06)

富岡製糸場に「ぐんまのスギ」製品寄贈  農林中央金庫 (2013.02.05)

「待つより、出向く」被災漁協に可動式端末  農林中央金庫 (2013.02.05)

JA貯金、90兆円を突破 農林中金 (2013.01.30)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ