金融・共済 ニュース詳細

2013.07.31 
A-FIVE、新規支援先1件を決定一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は7月29日、新たにサブファンド1件への支援を決めた。

 今回支援が決まったのは、SMBC6次産業化投資事業有限責任組合。東京都のつくばテクノロジーシード(株)が運営を行い、同社と三井住友銀行などが計10億円、A-FIVEが10億円の計20億円を出資する。

 また、現在、4つの新たな支援先候補についてパブリックコメントを募集している。
 新候補は、和歌山県の紀陽銀行などが計5億円出資する紀陽6次産業化投資事業有限責任組合(仮称)、茨城県の常陽銀行などが計5億円出資する常陽 大地と海の成長支援ファンド投資事業有限責任組合(仮称)、広島県の広島銀行や広島信用金庫などが計5億円出資するひろしまアグリ振興投資事業有限責任組合(仮称)、三重県の百五銀行などが計2億5000万円出資する百五6次産業化投資事業有限責任組合(仮称)の4つだ。
 パブリックコメントは、Eメール、郵便(〒100-0004東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアウエスト20階)、FAX(03-5220-5778)のいずれかで、8月7日17時まで受け付けている。


(関連記事)

A-FIVEとジェトロが業務提携(2013.07.30)

長野県松本市で「6次産業化シンポジウム」(2013.07.09)

A-FIVE-J、新規支援先1件を決定(2013.06.26)

「食の6次産業化プロデューサー」初の個人認定(2013.06.05)

6次産業化ファンド 25年度の募集を開始(2013.04.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ