左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAバンク、利用可能ATM大幅増2013年9月5日

一覧へ

コンビニとの連携拡充で

 農林中央金庫は9月5日、JAバンク、JFマリンバンクがコンビニATMとの提携サービスを拡充すると発表した。

 これまで農林中央金庫は大手コンビニチェーンのATMでは、セブンイレブンと提携していたが、今回あらたにファミリーマートやサークルKサンクスにATMを設置している(株)イーネットATM、ローソンに設置している(株)ローソン・エイティエム・ネットワークスと提携を結ぶことにした。
 今回の提携によりこれらのコンビニチェーンでもJAバンク、JFマリンバンクのキャッシュカードで引き出し、預け入れ、残高照会のサービスが利用できるようになる。
 全国のイーネットATM設置台数は1万2714台、ローソンATMは9717台あり、合計2万2431台のATMで、新たにJAバンク、JFマリンバンクのキャッシュカードが利用できるようになる(台数は平成25年3月末現在)。
 利用開始は平成25年11月中旬の予定。利用可能時間は平日8時から21時、土日祝年末は9時から17時(ただし、一部JAではこの時間帯を越えた取引が可能)。引き出し、預け入れの利用手数料は、平日8時45分から18時と土曜日の9時から14時までが無料で、それ以外の時間帯は105円。


(関連記事)

JA貯金、伸び率1.8% 農林中央金庫(2013.08.27)

スポーツ祭東京に木材製品を寄贈 農林中金(13.08.26)

農林中金、自己資本比率は高水準を維持(2013.08.23)

経常利益1331億円 農林中金第1四半期決算(2013.08.07)

農林中金、JAバンク千葉信連と統合(2013.07.17)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る