金融・共済 ニュース詳細

2013.09.05 
JAバンク、利用可能ATM大幅増一覧へ

コンビニとの連携拡充で

 農林中央金庫は9月5日、JAバンク、JFマリンバンクがコンビニATMとの提携サービスを拡充すると発表した。

 これまで農林中央金庫は大手コンビニチェーンのATMでは、セブンイレブンと提携していたが、今回あらたにファミリーマートやサークルKサンクスにATMを設置している(株)イーネットATM、ローソンに設置している(株)ローソン・エイティエム・ネットワークスと提携を結ぶことにした。
 今回の提携によりこれらのコンビニチェーンでもJAバンク、JFマリンバンクのキャッシュカードで引き出し、預け入れ、残高照会のサービスが利用できるようになる。
 全国のイーネットATM設置台数は1万2714台、ローソンATMは9717台あり、合計2万2431台のATMで、新たにJAバンク、JFマリンバンクのキャッシュカードが利用できるようになる(台数は平成25年3月末現在)。
 利用開始は平成25年11月中旬の予定。利用可能時間は平日8時から21時、土日祝年末は9時から17時(ただし、一部JAではこの時間帯を越えた取引が可能)。引き出し、預け入れの利用手数料は、平日8時45分から18時と土曜日の9時から14時までが無料で、それ以外の時間帯は105円。


(関連記事)

JA貯金、伸び率1.8% 農林中央金庫(2013.08.27)

スポーツ祭東京に木材製品を寄贈 農林中金(13.08.26)

農林中金、自己資本比率は高水準を維持(2013.08.23)

経常利益1331億円 農林中金第1四半期決算(2013.08.07)

農林中金、JAバンク千葉信連と統合(2013.07.17)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ