金融・共済 ニュース詳細

2015.09.15 
全国相談窓口を設置-農林中央金庫一覧へ

 農林中央金庫は「農業所得増大・地域活性化応援プログラム」の事業のひとつとして9月1日から担い手経営体向け経営相談機能の強化事業を開始した。

 日本農業法人協会のアンケート結果によれば、農業法人が抱える経営課題の中心は、生産性の向上やコスト削減、品質向上対策など生産面のほか、人材育成、販路開拓・商品開発などとなっている。 農林中央金庫が9月1日から始めたのは、農業法人を中心とする農業者が持つ課題解決支援に向けた無料の「全国相談窓口」の設置など。税理士事務所や社労士事務所などの専門家、コンサルタントと提携して、専門的で高度な相談内容にも無料で支援するというもの。当面はメールで対応し、将来的にはWEBで相談対応することをめざす。 また、各県の担い手サポートセンターを通じ各県のニーズに合わせて少人数の個別相談会や、集合型の経営セミナーの開催にも取り組むことにしている。
 セミナーと個別相談会は全国相談窓口と有機的なつながりを高めていくことも方針。無料の全国相談窓口に寄せられた相談事項からセミナーニーズを吸い上げ、セミナーや個別相談会の内容、実施要領に反映させていくといった取り組みも展開することにしている。

 
(関連記事)

JA貯金7月末残高、伸び率2.3%-農林中央金庫 (15.08.26)

545億円の増資受け入れを決議-農林中央金庫 (15.08.17)

経常利益1592億円を確保-農林中金第1四半期決算 (15.08.05)

農林中金が「世界最強銀行」第2位に ブルームバーグ・マーケッツ誌(15.08.04)

農中森力(もりぢから)基金27年度助成事業を募集 農林中金 (15.05.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ