金融・共済 ニュース詳細

2015.10.01 
独立新規就農者への助成事業を開始-農林中央金庫一覧へ

 農林中央金庫は10月1日から独立新規就農者に対する助成事業を開始した。

nous1510010601.jpg 就農直後における経営の安定化を支援する目的で農業費用を助成する。
 対象は親元・雇用就農者を除く独立新規就農者。要件は認定新規就農者で就農後3年以内、かつ18歳以上45歳未満。申請時点で営農しており、今後も継続する見込みであること。
 種や苗、肥料の購入など1人あたり年間最大20万円を助成する。事前申請期間は平成27年10月1日から28年2月29日。事前申請のうえ本申請を28年5月1日から6月30日に行う。1人あたりの申請は3回まで。
 また、22年度から実施している新規就農者の研修受入先に対する助成事業も拡充する。
 対象は農家、農業法人、生産者組織などの研修受入先のうち、▽恒常的、かつ1年以上にわたって実施される実践的な研修であること、▽研修生が(1)18歳以上65歳未満であり、かつ(2)独立就農もしくは親元就農後5年以内に経営承継が見込まれる研修生であることが要件。
 助成金額は▽指導・育成体制が充実している研修受入先=研修生1人あたり月額最大3万円(研修生1人あたり24か月分まで)、▽その他の研修受入先=同月額最大1万円(同24か月分まで)となっている。
 事前申請期間は平成27年10月1日から28年2月29日。事前申請のうえ28年5月1日から6月30日に本申請を行う。
 詳しくはJA、担い手サポートセンター、JAバンクアグリ・エコサポート基金へ。

(写真)農林中央金庫のホームページからこのチラシをダウンロードできる
 
 
(関連記事)

全国相談窓口を設置-農林中央金庫 (15.09.15)

JA貯金7月末残高、伸び率2.3%-農林中央金庫 (15.08.26)

545億円の増資受け入れを決議-農林中央金庫 (15.08.17)

経常利益1592億円を確保-農林中金第1四半期決算 (15.08.05)

農林中金が「世界最強銀行」第2位に ブルームバーグ・マーケッツ誌(15.08.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ