左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

正味収入保険料は848億2300万円 共栄火災2015年11月20日

一覧へ

平成28年3月期第2四半期決算

 共栄火災海上保険(株)は11月18日、平成28年3月期第2四半期(平成27年4月1日~9月30日)の業績を発表した。

 当中間期は、中期経営計画の最終年度として経営改善計画に掲げる施策に沿った取組みを推進した結果、火災保険や自動車保険、傷害保険などの増収により、元受正味保険料は対前年同期比で23億円の増収、正味収入保険料は、同21億円の増収となった。
 一方、正味支払保険料(含む損害調査費)は、前年度に支払った2014年2月の大雪の反動減のほか、傷害保険の改善などにより、対前年同期比で46億円の減少となった。
 この結果、正味収入保険料から正味支払保険金、正味事業費を除いた収支残は、対前年同期比で60億円増加し、73億円となった。
 保険引受損益は、前中間期においてプラス要因となった2014年2月に発生した大雪の保険金支払に伴う異常危険準備金戻し入れ益が無くなったことや、2015年8月発生の台風15号により支払備金が増加したことなどから、対前年同期比で95億円減少した。
 資産運用損益が、対前年同期比20億円の増加となった結果、最終の中間純利益は対前年同期比で81億円減少し29億円となった。
 結果、平成28年3月期第2四半期(非連結)の正味収入保険料は、848億2300万円(前年同期比2.7%増)だったが、経常利益は38億9300万円(同65.6%減)、中間純利益は29億5000万円(同73.5%減)となった。 
(関連記事)
【決算】当期純利益156億円 共栄火災26年度決算 (15.05.21)

2期連続の中間決算黒字 共栄火災海上保険 (14.11.27)

【決算】9年度ぶりに黒字 共栄火災海上保険(2014.05.22)

6期ぶり黒字 共栄火災海上保険が中間決算(2013.11.26)

地震・津波も補償 共栄火災「JA安心倶楽部」(2013.06.11)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る