金融・共済 ニュース詳細

2016.02.10 
質の高いサービス提供めざして JA共済「スマイルサポーター全国交流集会」開催一覧へ

 JA共済連は、利用者との窓口である全国のJAの支店で窓口業務を担当する「スマイルサポーター」の全国交流集会を2月8日、9日の両日、JA共済幕張研修センターで開催した。

挨拶する村山常務 JA共済連が、全国のJAの支店・支所で窓口業務を担当する人たちを「スマイルサポーター」という愛称で呼ぶようになったのは、平成18年からで、今年はちょうど10年目という節目の年でもある。JA共済連では、スマイルサポーターは、支店の「要(かなめ)」と位置づけて、組合員・利用者にとって身近で頼りがいのある「JAの顔」として、定着・浸透を図ってきた。平成27年12月末現在で、全国で1万3796名のスマイルサポーターがいる。
 今年の交流集会には、全都道府県から190名のスマイルサポーターが参加し、「自動車共済のグレードアップ」「満足度向上にかかる取組み」などをテーマに、20のグループに分かれて意見交換や情報の共有化をおこなった。
 開会にあたって村山美彦JA共済連常務理事は、スマイルサポーターの日々の努力に対して敬意を表するとともに、「次期のJA共済3カ年計画では、スマイルサポーターの位置づけをさらに明確にしていくとともに、連合会として支援を強化していく」とあいさつした。

全国から190名のスマイルサポーターが参加  分科会で日ごろの悩みを含めて意見交換した

(写真)挨拶する村山常務、全国から190名のスマイルサポーターが参加、分科会で日ごろの悩みを含めて意見交換した

(関連記事)

最優秀賞 28人表彰 平成27年度小・中学生書道・交通安全ポスターコンクール JA共済連 (2016.02.05)

書道・交通安全ポスターコン入賞者決まる JA共済 (15.12.25)

担い手や法人向けの新たな保障・サービスを開始 JA共済連・共栄火災 (16.01.26)

利用者満足につながる共済事務を 「共済事務インストラクター全国交流集会」 (15.11.06)

九州地区業務センター10月に開所 JA共済連 (15.09.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ