左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6次産業化事業体へ出資 新たに5件 A-FIVE2016年3月14日

一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は3月11日、6次産業化事業体の出資について新たに5件同意決定したことを公表した。

 出資について新たに同意決定した事業体は以下の通り。
▽キャロット&ベジタブル(株)(千葉県富里市):千葉県の野菜生産者が農産物調達などのノウハウを活かし、生産した有機野菜を中心に販路を拡大、付加価値向上を目指す。
▽(株)信州たかやまワイナリー(長野県上高井郡高山村):同所在地のブドウ生産者が地元産ブドウなどを原材料としたワインを製造し販売することで付加価値向上を目指す。
▽ミチナル(株)(岐阜県高山市):同所在地の野菜生産者が飛騨地区産の未利用ホウレンソウなどを活かして業務用加工品の製造・販売を行い、付加価値向上を目指す。
▽こと京野菜(株)(京都府京都市):京都府の野菜生産者が、生産した京野菜を使って冷凍京野菜を製造し新たな市場の開拓と安定販売、付加価値向上を目指す。
▽広島アグリフードサービス(株)(広島県広島市):広島県の米・野菜生産者が学校給食や病院・企業の食堂運営受託、高齢者施設へ惣菜販売を展開することで付加価値向上を目指す。
 今回の同意決定の5件を含めると、これまでにA-FIVEが出資について同意決定した6次産業化事業体は合計で86件となる。

(関連記事)
6次産業化事業体へ 直接支援 2件目 A-FIVE (16.02.16)

新たに4件出資 合計81件に A-FIVE (16.01.18)

6次産業化事業体へ 初の直接支援 A-FIVE (15.12.15)

6次産業化事業体 出資対象 新たに2件 A-FIVE (15.10.19)

【時の人 話題の組織】大多和巖・(株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)代表取締役社長 6次化支援ファンド活用 所得増、生産拡大を (15.08.07)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る