金融・共済 ニュース詳細

2016.08.22 
27年度ディスクロージャー JA共済連一覧へ

 JA共済連は8月17日、JA共済事業の現況や事業運営などを紹介するディスクロージャー誌( 情報公開誌)「JA共済連の現状2016」を公表した。

27年度ディスクロージャー JA共済連 同誌では、市村幸太郎経営管理委員会会長と勝瑞保代表理事理事長の平成28年熊本地震への追悼の挨拶からはじまり、3カ年計画の最終年度である平成27年度について振り返った。今後も相互扶助の理念のもと、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」として誠実な事業活動を行うとしている。
 同年度の資産運用状況などの「2015年度の業績」や経営体制などの「JA共済連の運営について」、ひと・いえ・くるまの総合保障の提供など行っている「事業活動」、交通事故対策活動や健康管理活動などをまとめた「地域貢献活動」が記載されている。巻末には長期共済や経営諸指標、財務諸表など詳細に記述された「JA共済連データ編」と用語の解説が掲載されている。
 同誌はJA共済のホームページからも確認できる。

(JA共済連の関連記事)
熊本地震建更被害契約件数7万8703件 JA共済連 (16.08.18)

共済部長のあるべき姿を学ぶ JA共済担当部長セミナー (16.08.17)

農業振興・地域貢献活動支援ー積立金 JA共済連 (16.07.29)

逆ザヤ解消でさらに経営が安定 JA共済連通常総代会 (16.07.29)

お台場で交通安全 子供向けにシミュレーターも JA共済 (16.07.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ