Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「評価基準を見える化して共有」 共済事務インストラクター全国交流集会 JA共済連2016年10月25日

一覧へ

 JA共済連は10月20日と21日、組合員・利用者の窓口のJA支店担当者の支援や指導を行うJA職員「共済事務インストラクター」の全国交流集会を、千葉県のJA共済幕張研修センターで開いた。94人が参加し、「組合員・利用者の満足につながる共済事務を目指して」をテーマに意見交換や情報共有を行った。

全国交流集会 JA共済連は顧客満足度(CS)の向上と利用者対応力の強化への取り組みの一環としてこの交流集会を毎年開いている。今年は、全国から共済事務インストラクター94人が参加。
 開会に当たり、高橋豊事務企画部長が「JA共済の発展のために、普及推進の強化と事務の改善・効率化は重要な課題。中核を担うのが、共済事務インストラクターの皆様。JAとJA共済連が一丸となって取り組む必要がある」と激励をおくった。
 体験発表を甲田純子さん・JAぎふ(岐阜県)、内田美香さん・JA兵庫南(兵庫県)が「支店担当者への指導上の工夫」をテーマに行った。
 甲田さんは、「全支店を同じ視点から見るために、点検表を作っている。指導した部分が改善されたか確認するためにも、現場に赴くことが大切」と話し、「年度初めに年間スケジュールを提示するなど、『忙しい』を言い訳にしない工夫が必要」と自らが行っている工夫を伝えた。
 内田さんは「支店担当者の悩みに寄り添い、状況を把握したうえでの指導を心がけている」と話した。
 体験発表後は分科会が行われ、支店巡回頻度や新任担当者への指導方法などについて語られた。たとえば、新任窓口担当者が契約者対応中に電話照会で質問を受けた場合、その場で回答方法を指導するが、契約者対応が落ち着いたら、再度連絡して改めて説明をする。他にも支店巡回の場合は数人で担当し、事務点検項目をチェックシート化して、事務インストラクター全員の指導・評価基準を見える化・統一化している、などがあった。

 共済事務インストラクターはJA支店の担当者に組合員・利用者からの各種申し出時の対応方法などの支援や指導を行うJA職員のこと。平成28年9月30日時点で3402人いる。

あいさつした高橋豊事務企画部長右から体験発表した甲田さん・内田さん分科会
(写真)全国交流集会、あいさつした高橋豊事務企画部長、右から体験発表した甲田さん・内田さん、分科会

(JA共済連の関連記事)
JA共済連 初マルシェ盛況 近隣住民「親近感覚えた」 (16.10.06)

・自動車共済加入者向け スマホアプリ「くるまのミカタ」 (16.10.04)

90歳まで加入できる一時払終身共済が登場 JA共済 (16.09.28)

ひとのわグマLINEスタンプ ダウンロード無料 (16.08.31)

27年度ディスクロージャー JA共済連 (16.08.22)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る