人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

「農協共済中伊豆リハビリテーションセンターわかば」優良施設として御下賜金を拝受 JA共済2024年3月11日

一覧へ

JA共済連の関連団体で社会福祉法人農協共済中伊豆リハビリテーションセンターが運営する障害者支援施設「農協共済中伊豆リハビリテーションセンターわかば」は、静岡県における優良民間社会福祉事業施設として天皇陛下より御下賜金を賜り、3月6日に静岡県庁で伝達式が執り行われた。

静岡県庁で行われた御下賜金伝達式静岡県庁で行われた御下賜金伝達式

御下賜金は、2月23日の天皇誕生日に際し、天皇陛下の社会福祉事業御奨励として、各都道府県および政令指定都市の優良な民間社会福祉事業施設・団体に対して下賜される金員。今年度は、全国で67施設・団体が対象となり、静岡県からは、農協共済中伊豆リハビリテーションセンターわかばが賜った。

御下賜金の拝受にあたり3月6日、静岡県庁で伝達式が行われ、川勝平太静岡県知事から農協共済中伊豆リハビリテーションセンターわかばの紅野利幸施設長に宮内庁の伝達書と御下賜金が授与された。

「農協共済中伊豆リハビリテーションセンター」は、交通事故などによる障がい者の社会復帰を目的に、JA共済連の関連事業として1973年に開設。"想いに寄り添い心と技術でささえ地域と未来につなぐ"を経営理念に、現在では、「医療」「福祉」「介護」の3事業を運営している。このほど御下賜金を拝受した「農協共済中伊豆リハビリテーションセンターわかば」は、障害者総合支援法に基づき常時介護を必要とされ、家庭での生活が困難な障がい者の利用を目的に、1992年4月に開設された。

御下賜金を拝受した農協共済中伊豆リハビリテーションセンターわかば紅野幸施設長(左)、同席した八木澤力課長(右)。中央は川勝静岡県知事(3月6日、静岡県庁)御下賜金を拝受した農協共済中伊豆リハビリテーションセンターわかば紅野幸施設長(左)、
同席した八木澤力課長(右)。中央は川勝静岡県知事(3月6日、静岡県庁)

御下賜金の授与にあたり川勝知事は、「農協共済中伊豆リハビリテーションセンターが、長きに渡り、福祉、医療、介護の三位一体の素晴らしい活動を続けられてこられたことは、本県の誇りであり、モデルとするところ。この度の拝受はこうした活動、さらには将来への期待を含めた結果であると考えます。これからも、リハビリテーションによる支援を必要とする方、障害を持たれた方に寄り添って御活躍されることを期待します」とお祝いの言葉を述べた。また、農協共済中伊豆リハビリテーションセンターとわかばの紅野施設長は、「御下賜金拝受の栄誉を受け、大きな喜びとともに身の引き締まる思いです。この栄誉に恥じぬよう、役職員一同、より一層の研鑽を図ってまいります」とお礼の言葉を伝えた。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る