左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

25年産米、作況「100」 米穀データバンク2013年8月7日

一覧へ

 米穀データバンクは8月6日、25年産米の収穫予想を発表した。全国作況は「100」で作付け面積から推計した主食用米の生産量は809万t。生産数量目標(791万t)より18万t多いと予想している。

 同社は各都道府県別の7月末までの気象データを作況推計プログラムに投入して予想した。
 その結果、全国作況は「100」の平年並みと予想。地帯別では北海道「102」、東北、関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州は「100」から「101」、沖縄が「87」となっている。
 主食用の水稲作付け面積は152万ha、陸稲作付け面積は2000haで合計152万2000haと推計した。これに基づく米全体の収穫予想は809万tとなり、24年産より13万tの減、生産数量目標比では18万tの増加となると見通した。 農水省公表の6月末の民間在庫量(速報値)は226万tで、これに予想収穫量を加えると、この7月から来年6月までの供給量は1035万tとなる見込み。この間の農水省の需要見通しは786万tで、これを差し引いた来年6月末の民間在庫量は249万tが見込まれ、同社は「過剰」と予想している。


(関連記事)

米の等級など 検査標準品アプリを新発売(2013.08.01)

主食用米、需要実績779万トンに(2013.07.30)

西南暖地「平年並み」25年産米早期栽培 (13.07.29)

24年産米 1400円超す下落 日本コメ市場 (13.07.29)

4万トン全量落札 政府備蓄米放出(2012.06.28)

米価急落、24年産米1000円超下げ (米穀新聞記者・熊野孝文氏)(2013.05.31)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る