米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.07.29 
24年産米 1400円超す下落 日本コメ市場一覧へ

 24年産米の市中取引価格が下落している。米卸間取引を行っている日本コメ市場が7月26日公表した今年度第2回取引結果では、成約価格の加重平均価格が前回(5月)よりも60kgあたり1400円を超す下落となった。

 取引会は7月18日に開かれ79卸が参加した。 主要銘柄は前回よりも値下げして上場、上場価格の加重平均は前回よりも9.4%下げた60kg1万4440円とした。しかし、成約価格はそれよりも低く加重平均で同1万4020円(1等、包装代込み関東着基準)となった。前回より1426円の下落だ。
 成約したのは24銘柄で数量は前回比120.2%の435tだった。
 おもな銘柄の成約価格は「秋田あきたこまち」が1万3820円(前回比60kg▲1151円)、「福島ひとめぼれ」が1万3107円(同▲1643円)、「茨城コシヒカリ」が1万3585円(同▲1313円)などとなった。そのほか「北海道きらら397」が1万4600円、「富山コシヒカリ」が1万4875円で成約した。


(関連記事)

コメ卸間取引価格、4月比で1割下落 (2013.07.23)

シンガポールに日本産米輸入精米販社 クボタ(2013.07.19)

穀検、米の食味『特Aへの道』25年版を発刊(2013.07.16)

お米、若い層でも「品質重視」 JC総研調査(2013.07.09)

米価急落、24年産米1000円超下げ(2013.05.31)

米の卸間取引、価格下落 日本コメ市場(2013.05.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ