左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

24年産米 1400円超す下落 日本コメ市場2013年7月29日

一覧へ

 24年産米の市中取引価格が下落している。米卸間取引を行っている日本コメ市場が7月26日公表した今年度第2回取引結果では、成約価格の加重平均価格が前回(5月)よりも60kgあたり1400円を超す下落となった。

 取引会は7月18日に開かれ79卸が参加した。 主要銘柄は前回よりも値下げして上場、上場価格の加重平均は前回よりも9.4%下げた60kg1万4440円とした。しかし、成約価格はそれよりも低く加重平均で同1万4020円(1等、包装代込み関東着基準)となった。前回より1426円の下落だ。
 成約したのは24銘柄で数量は前回比120.2%の435tだった。
 おもな銘柄の成約価格は「秋田あきたこまち」が1万3820円(前回比60kg▲1151円)、「福島ひとめぼれ」が1万3107円(同▲1643円)、「茨城コシヒカリ」が1万3585円(同▲1313円)などとなった。そのほか「北海道きらら397」が1万4600円、「富山コシヒカリ」が1万4875円で成約した。


(関連記事)

コメ卸間取引価格、4月比で1割下落 (2013.07.23)

シンガポールに日本産米輸入精米販社 クボタ(2013.07.19)

穀検、米の食味『特Aへの道』25年版を発刊(2013.07.16)

お米、若い層でも「品質重視」 JC総研調査(2013.07.09)

米価急落、24年産米1000円超下げ(2013.05.31)

米の卸間取引、価格下落 日本コメ市場(2013.05.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る