左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

共同で年間1万tの米輸出 JA全農とクボタ2015年1月21日

一覧へ

 JA全農と(株)クボタは、国産米の輸出事業に共同して取り組むことで合意した。

 今回の合意の目的は「双方の強みを活かし生産から販売までの一貫したコメ輸出事業を共同で行うことにより、国産米の飛躍的な輸出拡大をめざす」ことにある。
 具体的には、シンガポール、香港を対象に、平成28年度までに年間1万tの国産米輸出(純増約9000t)を目標に取り組む。
 現在、シンガポールと香港にはクボタの精米施設をもつ販売子会社があり、全農が集荷した国産米を精米せずにシンガポール、香港に輸出し、クボタの現地子会社で精米することで、より美味しい日本産米を提供していこうというもの。
 クボタの現地精米販売会社には、最新の精米設備はもとより、玄米保管用冷蔵庫、食味計、安全性を証明する放射能測定器や重金属測定器なども配備されている。
 合意にあたって両者は「共同した輸出事業の取り組みにより、国内の生産から輸出先国での販売までの一貫した事業モデルを確立して、国内農業生産基盤の維持・拡大と地域農業の生産振興をはかり、国内農業の発展に貢献」していきたいとコメントしている。


(関連記事)

27年産飼料用米60万t達成を(2015.01.20)

ICTで農作業・経営を効率化 アグリンピック(2014.12.15)

4条植乗用田植機「キュートスペシャル」新登場(2014.11.28)

筑波工場がトラクタ生産200万台達成(2014.10.15)

シンガポールに日本産米輸入精米販社 クボタ(2013.07.19)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る