左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コシヒカリがアイスに 米醗酵アイス JA常陸2016年3月15日

一覧へ

乳・卵アレルギーにも

 JA常陸は平成23年から米発酵アイスを発売している。また今年1月には笠間の栗ペーストを使った栗味も展開し、人気となっている。

米醗酵アイス JA常陸 常陸太田市産のコシヒカリをつかい、米を発酵させたピューレを主原料とした氷菓商品。従来の氷菓商品はさっぱりとした味わいのものが多いが、豆乳を使用したことでバニラアイスのようになめらかな舌触りを実現した。
 動物性脂肪分はゼロで、もちろん卵や牛乳を使っていない。また主原料は米で、米を発酵させる事により糖を還元糖に変え体に吸収されやすくしているためアイスを食べても体が冷えにくい特長もある。
 平成24年優良ふるさと食品中央コンクールで農林水産大臣賞を受賞。また昨年5月にはハラール認証も受けた。なお、新しく発売された栗味で使われている笠間の栗ペーストもハラール認証を受けている。
 販売担当者は「ネットなどで取り寄せてくださるお客様も多い」と話す。
 バニラ、古代米、あずき味は80mlで税込200円。栗味は同容量で税込250円となっている。
 問い合わせ先はJA常陸6次産業推進課 (電)029-229-3275。
 同JAは3月9日、10日に東京都内で開かれたJAグループ国産農畜産物商談会に出展し好評だった。


(関連記事)
新商品から既存商品まで 「JAグループ国産農畜産物商談会」 (16.03.10)

産地と実需者を結ぶ懸け橋に JAグループ国産農畜産物商談会開催 (16.03.09)

大賞は「愛菜ものがたり~いぶりだいこん~」JA全農あきた 「第2回JAグループ6次産業化商品コンテスト」 (16.02.15)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る