2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

全国作況「101」と予想 米穀データバンク2022年8月5日

一覧へ

米穀データバンクは8月4日、2022年産米の収穫予想を発表した。全国作況は「101」の「平年並み」と予想した。

同社は各都道府県別の7月末までの気象データを作況推計プログラムの投入して作況と収穫量を予想した。8月1日以降、収穫期まで天候が平年並みに推移した場合の予測値であり、天候の経過によって上振れ、下振れがあるとしている。

全国作況は「101」の平年並みの予想。

全国作況「101」と予想 米穀データバンク

地帯別予想は、「やや良」が北海道「105」、東北・関東・北陸「102」となっている。

「平年並み」は、東海・近畿「101」、中国「100」、四国「99」。

「やや不良」は、九州「98」、沖縄「97」となっている。

都道府県別では102~105の「やや良」が17道県、99~101の「平年並み」が22都府県、95~98の「やや不良」が8県と見込まれている。

水稲の作付面積は需要に見合った生産への取り組みや、各県などへの聞き取りで126万3000haと推計した。前年産実績比で4万ha減の見込み。同社の予想は政府備蓄米、加工用米など非主食用は除外している。

作付けと作況予想に基づく、7月31日現在の主食用収穫量予測は、10a当たり収量542㎏、収穫量684万1000t、前年産実績比16万6000t減と見通した。

予想収穫量と6月末在庫を合わせた主食用供給量は901万5000t。米の基本指針で示された7月から来年6月までの需要量692万2000tを差し引くと、来年6月末在庫量は209万3000tの見込みとなる。

同社は新型コロナ感染拡大による業務用米需要の回復遅れが懸念される一方、輸入麦価高騰で米食回帰の動きも期待されるとして需要量は増減する可能性があるとしている。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る