人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

埼玉県産米使用「玄米パウダー」など米粉2商品を新発売 みたけ食品工業2023年9月11日

一覧へ

みたけ食品工業(埼玉県戸田市)は9月1日、米粉パウダーシリーズの新商品「玄米パウダー」と「国産玄米パンケーキミックス」を発売。国産米の消費拡大に向けて、新たに"玄米"に注目した商品が登場した。

埼玉県産米使用「玄米パウダー」など米粉2商品を新発売 みたけ食品工業玄米は、美容と健康に優れた食品として注目を集めているが、「調理が手間・味に癖がある・消化されにくい」などマイナスイメージもある。

新発売の「玄米パウダー」と「国産玄米パンケーキミックス」はこうした課題を解決する革新的な商品。同社が米粉メーカーとして培ってきた粉砕技術を活かし、生の玄米を微粉砕加工して、「玄米パウダー」を実現した。

市場には焙煎された玄米粉が多く存在するが、同社の玄米パウダーは生の玄米そのものの風味を引き出した。日々の食事や手作りおやつなど、幅広いシーンで活用できる。玄米調理の手間を減らしながら、玄米特有の栄養素をバランスよく摂取し、健康的で美味しい玄米生活を手軽に始められる。「玄米パウダー」(300g)は、希望小売価格220円、「国産玄米パンケーキミックス」(400g)は同420円。いずれも税別。

埼玉県産米粉用米の約90%を製粉加工

埼玉県の水稲米と米粉用米生産量推移埼玉県の水稲米と米粉用米生産量推移

令和4年度の埼玉県の水稲米生産量は14.24万トンで全国で19位。水稲生産量の上位は、伝統的な米どころとされる都道府県が占める中、埼玉県は米粉用米生産量の面では3位に位置している。埼玉県の水稲生産量は平成21年から年々減少傾向にある一方、米粉用米は同期間で約500%増加。

令和4年度生産数量令和4年度生産数量

同社は、平成21年に米粉用米が生産された当初から一貫して埼玉県産米を契約している。米粉は地産地消の観点からも注目を集めており、埼玉県戸田市に本社、鴻巣市に基幹工場を構える同社は、米粉商品の提供や新商品開発を通じて、米粉の消費拡大に貢献していく。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る