人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

米:農協協会 JAの米実態調査 22年産米

【農協協会 JAの米実態調査 22年産米・4】麦・大豆の作付けが増2023年9月8日

一覧へ

【図6】転作用の大豆の作付面積【図6】転作用の大豆の作付面積

【大豆】

食料安全保障の重要性が高まるなか輸入依存度の高い大豆と小麦の増産も課題となっている。

大豆の生産は22年産では全国平均で1JA当たり344ha。平均10a収は141kgとなった。23年産では353ha、5年後の27年産では360haと、22年産比で4.7%増の見込みとなった。

北海道は22年産で平均444ha。10a収は221kg。23年産の見込みは22年産と同じだが、27年産は461haと3.8%増の見込みとなった。

東日本では22年産は平均326ha。10a収は146kgだった。23年産では337ha、27年産では344haと5.5%増の見込みとなった。西日本では22年産は平均307ha。10a収は123kgだった。23年産では318ha、5年後の27年産では315haとやや減少するとの見込みだった。

九州では22年産は平均400ha。10a収は108kgだった。23年産では406ha、27年産では429haと22年産比で7.3%増の見込みとなった。

【小麦】

22年産の全国平均1JA当たりの小麦の作付面積は442ha。10a収は324kgとなった。23年産では453ha、5年後の27年産では462haと22年産比4.5%増の見込みとなった。

北海道では22年産は平均971ha。10a収は391kg。23年産は976ha、27年産は1009haと3.9%増の見込みとなった。

東日本では22年産は平均221ha。10a収は287kgとなった。23年産では231ha、27年産では232haと22年産比4.9%増の見込みとなった。

西日本では22年産は平均440ha。10a収は326kgだった。23年産は455ha、27年産では456haと22年産比3.6%増の見込みとなった。

九州では22年産は平均527ha。10a収は368kgとなった。23年産は530ha、27年産は565haと22年産比7.2%増の見込みとなった。小麦はいずれの地域でも今後、作付面積を増やしていく意向が示された。

【農協協会 JAの米実態調査 22年産米】(1)(2)(3)(4)(5)(6)

クミアイ化学工業株式会社 エフィーダラインナップ
クミアイ化学工業株式会社 エフィーダラインナップ

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る