Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BSE実質的な検査廃止に反対 パルシステム2013年5月28日

一覧へ

 パルシステム生協連合会は5月20日、政府の牛海綿状脳症(BSE)特措法規則改正案へのパブリックコメントを提出した。管理措置の緩和に反対し、BSE研究の推進と適切な議論を経たうえでの見直しを求めた。

 厚労省は4月25日、「厚生労働省関係牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則の一部を改正する省令(案)」を公開し、国民からの意見募集(パブリックコメント)を行っている。省令案では、これまで全頭で実施し4月に21カ月齢以上から30カ月齢超へ引き上げたBSE検査の対象を、さらに48カ月齢まで引き上げることなどが盛り込まれている。
 しかし、検査対象を48カ月齢まで引き上げることは、実質的な検査の全面廃止につながりかねないとして、パルシステムは「BSE特措法施行規則の改正案に関する意見」とするコメントを提出した。
 コメントでは今回の規制緩和に反対し、輸入品についても国内と格差のない管理措置の実行を求めている。また、BSEに関する知見が十分に蓄積されていないことから、研究のさらなる推進と適切な情報の発信、リスクコミュニケーションの強化などについても意見している。


(関連記事)


BSEで日本、「無視できるリスクの国」と評価 OIEの専門家会合(2013.02.22)

BSE対策見直し、2月1日実施 厚労省 (2013.02.01)

BSE対策の見直しを了承  厚労省の審議会 委員、国民への十分な説明を求める (2012.11.07)

BSE対策見直し、8月にも評価書のたたき台  プリオン専門委 (2012.07.31)

自由化は食の安全も脅かす―TPPとBSE対策でシンポ(2012.04.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る