肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2014.04.10 
豚流行性下痢、対策を強化 農水省一覧へ

 昨年10月に7年ぶりの発生が確認された豚流行性下痢は4月7日現在で21県で発生している。このため農林水産省はウイルス拡散防止対策やワクチンの安定供給対策などを強化する。

 豚流行性下痢(PED)は、法定伝染病である口蹄疫ほど伝播力は強くない。糞便を介して豚といのししが感染し水様性下痢を起こす。病原体はウイルスで人には感染しない。体力のない10日齢以下のほ乳豚では高率に死亡する場合があるが、成長した豚は発症しても回復する。
 予防法は農場への病原体の侵入防止。また、妊娠豚にワクチン2回接種し、その乳をほ乳豚に飲ませると発症を防いだり、症状を軽減させることも可能だという。
 発生状況は4月7日現在、21県262戸。約18万6000頭で発症し、約4万頭が死亡している。
 このため農場入り口の消毒の徹底による侵入防止対策、車両消毒による農場間伝播防止対策、排泄物の適切な管理などを行ってきたが、今後は、消毒機器の設置や消毒実施に必要となる経費について支援する緊急的な追加措置を実施する。
 また、四半期ごとのワクチン生産計画を都道府県等を通じて農家に情報提供、一方で農家の需要見込みを都道府県を通じて把握してメーカーに伝えるなど、安定的で円滑にワクチン供給できる対策を実施する。生産者団体が計画的にワクチン保管を行う場合の経費支援も実施する。


(関連記事)

精肉の国産志向が顕著に JC総研調査(2014.04.09)

日豪EPAで崖っぷちに立つ牛肉(2014.04.07)

飼料用米で育てた畜産物 9割が購入希望(2014.03.31)

ポーランドからの豚肉輸入を停止(2014.02.21)

4県5200頭以上死亡 豚の下痢、被害広がる(2014.01.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ