肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2015.06.04 
「牛乳で熱中症対策」2015年度版作成 Jミルク一覧へ

牛乳+運動で暑さを克服

 地球温暖化、ヒートアイランド現象、高齢者人口の急増などを背景に、熱中症のリスクが高まっている。牛乳を飲み運動をすることで、熱中症防止の効果が期待できることから、このほどJミルクは「牛乳で熱中症対策」2015年度版を取り纏めた。

 暑さに強いカラダを作るには、暑さに対してカラダを適応させる「暑熱順化」と、汗の原料となる血液を増やす「血液増量」を図ることが重要となる。また、暑い中で立ちっぱなしでいると倒れてしまう熱失神を防ぐには、足の筋肉を鍛え、そのポンプ効果で足に溜まった血液を脳に循環させることが必要だ。
 「暑熱順化」「血液増量」「足の筋肉ポンプを鍛えること」のいずれも、速歩きとゆっくり歩きを一定の時間で繰り返す「インターバル速歩」の直後に、牛乳を飲む習慣を続けることで、達成できる。運動プラス牛乳を継続することが、暑さに慣れたカラダを作り、血液量も足の筋肉量も増やすことができる。
 牛乳はナトリウムと糖、たんぱく質をバランス良く含んでいる。いわばスポーツドリンクに、筋肉の合成に必要な「たんぱく質」を加えたような飲料だ。熱中症対策に効果的でありながら、経済的であり、運動後でも摂取しやすいという特徴がある。
 無理なく続けられ、熱中症防止の効果が期待できる最良の組み合わせが、
「インターバル速歩+牛乳」だと言える。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ