肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2015.08.31 
口蹄疫終息5周年式典 宮崎県一覧へ

 宮崎県は8月27日、サンA川南文化ホール(宮崎県児湯郡川南町)で、口蹄疫終息5周年式典を開いた。家畜防疫の重要性の再認識の契機などをすることがねらい。

宮崎県知事河野敏嗣氏の挨拶 平成22年4月20日の口蹄疫発生から終息までの間、約30万頭の家畜が犠牲となった。畜産業だけではなく宮崎県全体に衝撃が走り、県内で車を走らせると何度も消毒の現場に立ち会った。
 式典では、まず殺処分家畜の慰霊に向かって黙祷がささげられ、その後、河野俊嗣宮崎県知事の挨拶があった。
 宮崎県では口蹄疫終息後、「口蹄疫からの再生・復興方針」の県内経済の立て直しがあった。平成25年3月には、「宮崎県畜産新生プラン」を策定し、今も様々な取組を進めている。
 特別講演として宮崎大学産業動物防疫リサーチセンターの末吉益雄教授による「海外における口蹄疫の発生状況と国内防疫戦略」や、生産者たちによる事例発表が行われた。
 いまだ心に残る口蹄疫の衝撃と、全国からの支援や協力への感謝、そしてこれから「安全・安心な畜産の産地づくり」に向けて取り組んでいくことについて「みやざき畜産新生」取組宣言として宣言された。

(写真)宮崎県知事河野俊嗣氏の挨拶

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ