左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

飼料用米活用畜産物ブランド 日本一コンテスト2017年8月3日

一覧へ

 (一社)日本養豚協会は飼料用米を活用した畜産物のブランド化による販売促進に取り組む畜産事業者を表彰する「飼料用米活用畜産物日本一コンテスト」を開催する。

 応募要件は▽飼料用米を活用した畜産物をブランド化し販売している畜産事業者、▽飼料用米の給餌割合が一定であることとなっている。
 具体的な給餌割合は畜産物に給与される年間飼料総数量に占める飼料用米の割合が▽採卵鶏、ブロイラー、養豚=5%、▽乳牛=3%、▽肉牛=1%で、年間の飼料用米供給実績が1t以上が条件。
 審査基準は▽販路の確保(安定的な販路確保と販売の実施)、▽耕畜連携の取組(耕種農家との連携体制の構築など)、▽付加価値の向上(高付加価値化による販売額の増加等)。
 応募期間は平成29年8月1日から11月末日。審査は来年1月から2月に実施され、3月上旬に表彰式が行われる。
 詳細は日本養豚協会ホームページで。http://pig.lin.gr.jp

(関連記事)

飼料用米生産を呼びかけ-飼料業界(17.03.31)

「お米育ち豚」の飼料用米配合比率15%に コープネット(17.03.28)

28年度飼料用米 日本一は10a932kg(17.03.06)

今年の研究成果10大トピックス 飼料用米に適した「オオナリ」など(16.12.21)

農業競争力強化プログラム(9~13)(下)「飼料用米」「牛乳、乳製品の生産、流通」等(16.11.25)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る