肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.11.02 
「がんばる!畜産2」配信開始 中央畜産会一覧へ

 (公社)中央畜産会は各地域の優れた生産技術や経営技術についてわかりやすい映像情報を作成し動画サイトで配信を開始した。また、映像の更新状況を配信するFacebookページも作成した。

 わが国の畜産は担い手不足や国際化の進展など、厳しい状況にあるが、自給飼料の生産や省力化など、さまざまな工夫を凝らした畜産経営を実現し、安全でおいしい畜産物を消費者に届ける努力をしている生産者が多い。
 同会ではそうした畜産経営の現場の映像情報を生産者はもちろん消費者とも共有し、畜産の発展につなげることをめざして情報発信をする。
 この映像情報「がんばる!畜産2」は、▽家畜の改良や省力化、飼料コスト低減の取り組みなど技術に着目した「畜産トレンド発見!」、▽6次産業化に取り組む畜産農家や、女性、障がい者などいった多様な「人」に着目する「ドキュメント!畜産の新主役たち」、▽安全な畜産物がどう生産されるかを紹介した「なるほど!畜産現場」などのコンテンツで制作されている。

中央畜産会の動画ページは
畜産映像情報 がんばる!畜産!2

Facebookページは
畜産映像情報 がんばる!畜産!2

 

(関連記事)
【緊急特集:TPP11 12月30日発効】どうなる、どうする日本の国と農業【田代洋一横浜国立大学・大妻女子大学名誉教授】(18.11.02)
担い手農業者の6割以上が後継者候補あり 日本公庫(18.11.02)
豚2000頭、乳用牛1400頭-猛暑関連の死亡(18.10.31)
優秀な畜産経営を表彰 中央畜産会(18.10.29)
全農酪農体験発表会 岩手の山崎さんが最優秀賞(3)(18.09.13)
【JA全農飼料畜産中央研究所笠間乳肉牛研究室】能力の高い牛をつくる技術を研究(18.09.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ