肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2020.03.11 
全国の牧草の収穫量 前年産に比べ1%増加 農水省統計一覧へ

 農林水産省は3月10日、「令和元年産飼料作物の作付(栽培)面積および収穫量、えん麦(緑肥用)の作付面積」を公表した。

 調査結果の概要は次のとおり。

▽飼料作物計
 全国の飼料作物計の作付(栽培)面積は96万1600haで、前年産に比べ8700ha(1%)減少した。

▽牧草
 全国の牧草の作付(栽培)面積は72万4400haで、前年産並みとなった。

 収穫量は2485万tで、前年産に比べ22万9000t(1%)増化した。これは、10a当たり収量が前年産を上回ったためである。


▽青刈りトウモロコシ
 全国の青刈りトウモロコシの作付面積は9万4700haで、前年産並みとなった。
 収穫量は484万1000tで、前年産に比べ35万3000t(8%)増加した。これは、10a当たり収量が前年産を上回ったためである。

▽ソルゴー
 全国のソルゴーの作付面積は1万3300haで、前年産に比べ700ha(5%)減少した。
 収穫量は57万8100tで、前年産に比べ3万9900t(6%)減少した。これは、作付面積が減少したことに加え、10a当たり収量が前年産を下回ったためである。

▽えん麦(緑肥用)
 全国のえん麦(緑肥用)の作付面積は4万1600haで、前年産に比べ3100ha(7%)減少した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ