Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

養豚へのIT実装めざし日本養豚事業協同組合と提携 Eco-Pork2021年7月12日

一覧へ

株式会社Eco-Porkは、日本養豚事業協同組合と、豚へのIT実装を共にめざすパートナーとして業務提携を開始。Eco-Porkが開発・販売する養豚の生産管理/分析ICTサービス「Porker(ポーカー)」と環境モニタリングIoTサービス「Porker-Sense-(ポーカーセンス)」について販売提携するとともに、生産効率向上・労働省力化に向けたIT活用を推進するため、生産者が参加できるワークショップを始める。

日本養豚事業協同組合は、養豚経営の近代化・合理化をめざし、生産者を支援する各種事業に取り組んでいる。養豚のIT化が進む中、「Porker」と「Porker-Sense-」がデータ活用による生産者の経営改善に寄与した実績に、日本養豚事業協同組合からもEco-Pork社の技術に高い関心を寄せていたことから、センサー連携など今後の発展性や目標とする養豚の未来像に共感し、提携合意に至った。

今後は、共同でワークショップなどを開き、最新技術情報を共有することでIT活用を促進。また、生産現場での課題を深堀りし、課題解決に向けた新技術の開発により、養豚業のさらなる発展をめざす。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る