生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

畜産・酪農家向けの遮熱塗料「ミラクールファーム」材料のみで販売開始2021年7月15日

一覧へ

株式会社ミラクール(東京都千代田区)は7月14日、畜産・酪農家向けの遮熱塗料「ミラクールファーム」を材料のみでの販売を開始した。

「ミラクール」の施工・サーモカメラによる屋根裏面 (手前側の赤い箇所が未塗装部分、奥側の青い箇所がミラクール塗装部分)「ミラクール」の施工・サーモカメラによる屋根裏面 (手前側の赤い箇所が未塗装部分、奥側の青い箇所がミラクール塗装部分)

「ミラクールファーム」は、これまで、同社販売代理店を通じて材工責任施工で提供してきたが、多くの要望を受けて材料のみでの販売も始めた。

遮熱塗料は住宅、工場、倉庫などの建物に多数採用されているが、畜産・酪農用の畜舎に対しては、価格や臭い、耐久性の問題から広く普及していなかった。そこで、同社はこうした課題を克服した製品として「ミラクールファーム」を開発。家畜が活発に活動できる気温は、約20度前後と言われるが、体温調節機能が維持できる上限の気温を超えると夏バテしてしまい、家畜の生産性は大きく低下する。「ミラクールファーム」を畜舎に塗装することで、家畜の暑熱ストレスを和らげるため、畜舎内の室温を大幅に低下。夏場に生じるロスを未然に防ぐことをサポートする。また、オール水系で臭いの心配もなく扱いも簡単で、塗りやすさにもこだわった。オープン価格。

【ミラクール】

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る