JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

動物飼料の市場規模 2026年までに3377億ドルに到達 CAGR4.7%で成長予測2021年8月5日

一覧へ

Report Oceanは、世界の動物飼料に関する最新レポート「Animal Feed Market Size By Product Type (Compound Feed, Fodder, Forage), By Animal Type (Livestock (Poultry, Cattle, Pigs, Aquaculture, Others) Pet Animals), By Regions & Segments Forecast, 2018 - 2026」を発行した。

同レポートによると、世界の動物飼料市場規模は、2017年~2026年の予測期間中に年平均成長率(CAGR)4.7%で成長し、2026年には3377億ドルに達すると予想されている。

動物飼料は、世界の食品産業の成長に大きく貢献しており、10年以上前から、魚、家畜、乳製品などの動物由来のタンパク質の需要が高まっている。IFIFの報告によると、この成長は主に発展途上地域で見られ、先進地域では成長が安定していない。世界の飼料産業は、数量および金額の面で生産が拡大しており、この現象は、世界的な人口の増加、消費者の購買力の向上、都市化の進展に伴って起こったもの。

同レポートは現代人が政治的・商業的に新たなレベルに到達したことで、フードチェーン全体の中で重要な役割を果たす動物飼料の需要がさらに高まると予想。生産者がより消費者志向に焦点を当てるようになると、結果として環境への影響が増大し、持続可能性への要求がさらに急速に高まることになる。動物の生産に伴う環境負荷や温室効果ガスの増加を理由に、工場や農場の飼料が注目されている。

同レポートは、北米、欧州、APACと南米、MEAにおける市場の詳細な地理的分布で構成。北米はさらに、米国、カナダに分かれ、欧州は、ドイツ、英国、イタリア、その他の欧州に分かれている。また、アジア太平洋地域は、中国、インド、日本、その他のアジア太平洋地域に分けられている。

競合状況と主要ベンダー

アジア太平洋地域は、動物飼料市場の最大の地域市場。食肉加工業者による急速な生産量の増加や、オーガニック食品に対する消費者の需要と行動の変化が、この地域の飼料市場の成長に欠かせないパラメータの一つであることが確認されている。この地域の市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれている。

複数の新製品イノベーション、未開拓・過疎の市場ダイナミクス、飼料メーカーの複数の拡大戦略、栄養豊富で健康的な飼料に対する需要の急増、購買力の向上などが、アジア太平洋地域の市場を牽引する最も重要な要因。ヨーロッパは、予測期間中、飼料生産におけるもう一つの潜在的な地域プレーヤーとなる可能性がある。

世界の動物飼料産業の主な企業

DaChan Food (Asia) Ltd.
Yuetai Group
Smithfield Foods
NongHyup Feed Inc
Tangrenshen Group (TRS)
East Hope Group
Nutreco, De Heus
Haid Group
Shuangbaotai Group (Twins Group)
Agrifirm Group
JA全農
Purina Animal Nutrition
ForFarmers N.V.
Tyson Foods (broiler)
New Hope Liuhe
BRF
Wen's Food Group
Cargill, and CP Group.

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る