Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

肉牛の糞尿を原料にした敷料再生装置 高速処理で畜産農家の効率経営を支援 JET2021年10月14日

一覧へ

急速土着菌増殖乾燥システム「ERS」を製造・販売する株式会社JET(東京都千代田区)は、肉牛の糞尿を原料にした敷料再生装置を2020年9月に株式会社エフシーエス(北海道)に納入し、稼働後1年を経過。堆肥化の特許技術で、敷料化期間圧縮、糞尿処理用地縮小、敷料費用削減、生産性向上に貢献している。

ERS装置全体

北海道で肉牛の一貫肥育を営むエフシーエスは2020年9月に、急速土着菌増殖乾燥システム「ERS」を導入。糞尿を資源化して敷料に有効活用することで、敷料購入費用の削減と、悪臭や汚水を出さずに自然環境保全を推進している。

4800頭の肉牛を飼育するエフシーエスは、年間に約6000トンのおが粉を要し、その3分の1以上を海外から調達しており、その費用は約1億2000万円にのぼり経営を圧迫していた。また、冬場は屋外に積み上げた糞尿が凍ってしまい春先まで発酵を待たなければならず、強烈な悪臭もつきものだった。

ERS導入後は、敷料を内製化し、年間5000万円のコスト削減。堆肥化は気温に左右されることなく1日で処理を終え、すぐに敷料として使えるようになった。

また、北海道では、家畜糞尿に向けられる苦情の8割強を汚水と悪臭が占め、加害者・被害者が明確である畜産公害の点源汚染に加え、非点源汚染も広域的に進んでいる可能性が高い状況。そこで、畜産業界では、家畜糞尿による汚染の低減に積極的な取り組みが求められている。

JETが開発した敷料生成装置は、土着菌(好気性菌)と減圧相装置との組み合わせにより、家畜の糞尿を超高速発酵乾燥して団粒化することで、堆肥化の期間を圧縮、堆肥場所の用地縮小が可能。また、乾燥後の成果物は敷料として畜舎内でリサイクルし、有機肥料として土壌還元できる。

同システムには糞尿を個液分離することなくそのまま投入でき、水分率を調整。さらに、微生物がアンモニアを分解して臭気を抑止、大腸菌は死滅し、雑草などの種子は不活化する。畜産農家は、敷料調達やコスト削減のみならず、消化液等による環境負荷の軽減にも貢献できる。

敷料生成装置は、装置一式(処理能力25~30トン/日 ERS5型)で参考価格が3億5000万円(税別)~。クラスター補助金実績あり。

◎敷料生成装置の主なメリット
費用削減:敷料の内製化により外部調達費用を削減
期間圧縮:堆肥化に費していた3か月が5時間に短縮、季節不問、寒冷地可
事業拡大:経済効果や、不要になった堆肥舎や貯蔵施設の用地を利用し、増頭増設が可能
環境貢献:糞尿の臭気軽減や、汚水による土壌汚染防止の効果

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る