おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アニマルヘルス市場は好調維持 日本における2021年業績 ベーリンガーインゲルハイム2022年4月19日

一覧へ

日本ベーリンガーインゲルハイムとベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパンは4月18日、2021年(1-12月)の業績を発表。いずれも前年を上回る業績を達成し、ペット用駆虫薬が牽引したベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパンは、堅調に業績を上げた。

日本ベーリンガーインゲルハイムの売上は2082億円で、薬価ベースは前年比6.7%増。コロナ禍でも、2型糖尿病治療薬の「ジャディアンス ファミリー」(ジャディアンス、トラディアンス)、抗線維化剤の「オフェブ」がいずれも2桁成長で前年を上回る売上を達成した。

また、ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパンは、コンパニオンアニマル(小動物/ペット)、ライブストック(産業動物)ともに予防での強みを発揮。売上235億円で卸売出荷ベース、前年比1.0%増と堅調に進展した。

ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパンの約70%を占めるコンパニオンアニマル分野において、犬用駆虫薬の「ネクスガード」ブランドは卸出荷ベースで109億円(前年比9.6%増)の売上で引き続きトップブランドとなった。なかでも、外部寄生虫対策と内部寄生虫対策がオールインワンでできる「ネクスガード スペクトラ」は、2021年も好調を維持し、ブランドとしての伸長を牽引。「ネクスガード」ブランドと「フロントライン」、猫用のオールインワン駆虫薬である「ブロードライン」などの製品群では、犬猫用寄生虫駆除薬市場で、同社製品群が50%を超えるマーケットシェアを維持している。

産業動物分野では、鶏分野において、2021年9月に日本初の養鶏用HVTベクターワクチンである「バキシテック HVT+IBD」の全国発売を開始。また、豚分野では、「インゲルバック」シリーズを中心に豚ワクチンのリーディングカンパニーとして市場で存在感を発揮している。

このほか、2021年は、同社がグローバルに展開している、咳音検知技術「SoundTalksTM」を活用した飼養豚の体調管理に関する実証実験を、有限会社臼井農産とNTT東日本神奈川事業部と実施。3社共同で、養豚業界における畜産動物の健康維持、農場の生産性向上・出荷品質向上に向けて取り組んでいる。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る