第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

職員一丸で1人1日1ℓの牛乳を飲もう! 全酪連が消費拡大へ行動 牛乳の需要低迷の懸念克服へ2022年11月21日

一覧へ

乳価の改定などもあり牛乳の消費の伸び悩みが心配される年末年始を前に、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)は、来年1月にかけて、約500人の職員全員が1人当たり1日1ℓの牛乳を飲むことを目指す「I♥MILK Action2022 winter」を始めた。牛乳消費を呼びかけるポスターや直売会などのキャンペーンを通して広く消費の促進も呼びかける。

全酪連の牛乳を飲もキャンペーン(2枚目の画像をお願いします)-2.jpgこのキャンペーンは、全酪連の支所なども含めて期間中、職員みずから積極的に牛乳を飲んで消費拡大に一役買うとともに、「ミルクパワーで今日も元気だ!もう一杯!!」を掛け声に、一般にも広く牛乳消費を呼び掛ける取り組み。

全酪連の職員全員が来年1月末にかけて、1人1日1ℓの牛乳を飲むことで、合計25tの消費を目指す。また、牛乳・乳製品の消費を呼び掛けるポスターを全国各地に掲示するとともに、牛乳や乳製品の直売会「らくのうマルシェ」などを通して広く酪農への理解を求めるとともに、牛乳消費を呼びかけていく。

同キャンペーンは昨年も実施した。年末年始は、長引くコロナ禍による需要減に加えて学校給食のない期間にさしかかるほか、特に今シーズンは11月1日に乳価値上げがあったことで、例年以上に需要が伸び悩むことが懸念されている。全酪連は「生産資材の高騰や生乳需給の緩和に伴う手取り乳価の減少で酪農経営はかつてない危機的な状況に置かれている。活動を通して役職員一体となって牛乳の消費拡大に取り組んでいきたい」と話している。

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る