秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

資材高騰で苦境の和牛農家を支援 宮崎県のJAこばやしが配合飼料を無償配布2023年1月17日

一覧へ

資材高騰や子牛価格の下落で厳しい経営に直面している和牛生産農家を支援しようと、宮崎県の「JAこばやし」は、約1000戸の農家に計約260トンの配合飼料を無償配布した。

JAこばやしによると、ウクライナ情勢や円安などを受けて飼料価格は高騰し、一昨年から去年にかけて1トン当たり2万円~3万円上昇したにもかかわらず、去年の子牛の平均価格は前年より1頭当たり12万円~14万円ほど下がっているといい、和牛生産農家は厳しい経営に直面している。

こうした中、JAこばやしは独自に和牛生産農家を支援することを決め、今月10日から16日にかけて約1000戸の和牛生産農家に対し、飼育頭数に応じて配合飼料を無償配布した。1戸当たりの平均にすると20キロの配合飼料13袋で、合わせて計260トン。同JAは、昨年12月には酪農家への独自支援も行っており、全体の支援額は約3600万円に上るという。

JAこばやし畜産部の川野義彦部長は「JA管内では母牛の頭数を1万8000頭確保しており、こうした基盤を維持したい。農家の皆さんには無償配布の飼料を活用し、元気を出して取り組んでいただきたい」と話している。

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る