人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

Jミルク 新会長に大貫氏(森永乳業社長)2023年6月19日

一覧へ

(一社)Jミルクは6月16日の定時総会と理事会で任期満了に伴う役員改選を行った。新会長には日本乳業協会副会長で森永乳業の大貫陽一社長が就任した。

あいさつする大貫新会長、(左隣)隈部副会長、内橋専務(右)、清水新常務(左)あいさつする大貫新会長、隈部副会長(左隣)、内橋専務(右)、清水新常務(左)

大貫新会長は記者会見で「身の引き締まる思い。酪農乳業の発展のために尽力したい」と述べ、当面の課題として生乳の需給改善と消費者への酪農乳業と牛乳乳製品への理解と需要喚起を挙げた。
また、中長期的な課題として「食料安全保障と自給率向上の視点、アニマルウェルフェアも含めた環境問題にも取り組まなければならない」と話した。

再任された内橋政敏専務は基本法見直しに伴う新たな「基本計画」や「酪肉近」(酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針)の策定に向けて、Jミルクの戦略ビジョンと生産目標など検証と見直しについて「業界のなかでしっかり議論していきたい」と話した。

【新役員体制】
会長:大貫陽一(日本乳業協会副会長)新任

副会長:隈部洋(全酪連代表理事会長)再任

専務理事:内橋政敏(学識経験者)再任

常務理事:清水隆司(学識経験者)新任

新任理事:松田克也(日本乳業協会会長)

新任理事:宮嵜貴浩(全国牛乳流通改善協会副会長)

川村和夫会長、荒川宏行常務理事、宮原道夫理事、白羽恵司理事は退任。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る