人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

サステナブルな養豚業の実現へ Eco-Porkと共同検討を開始 ENEOS2024年1月22日

一覧へ

ENEOSホールディングスとEco-Porkは、養豚業界を起点とした脱炭素・循環型社会の実現に向けて、協業することで合意し、共同検討を開始した。両社の取り組みにより、農林水産省が掲げる環境負荷軽減に資する「みどりの食料システム戦略」の実現に寄与し、持続的な養豚モデルの構築を目指す。

サステナブルな養豚業の実現へ Eco-Porkと共同検討を開始 ENEOS

養豚業界は、飼料や電気・ガス代等の光熱費の高騰、後継者不足等の労働力不足、環境負荷の高さなどの課題を抱えている。

国内の豚生体由来のGHG排出量(CO2換算)は、約174万トン/年と推定され、環境負荷の低減は大きな意義がある。

また、農水省は、「みどりの食料システム戦略」を策定し、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現することを推奨している。

こうした背景を踏まえ、Eco-PorkのICT、IoT、AIを活用した養豚DXと、ENEOSがこれまでに培ってきたエネルギー供給のノウハウや環境価値経営の知見を結集することで、養豚業界の課題解決と「みどりの食料システム戦略」の実現に向けてともに検討する。

共同検討をより強固に推進するため、ENEOSの100%出資会社であるENEOSイノベーションパートナーズ合同会社が、Eco-Porkに出資を行い、ENEOSとEco-Porkは、戦略的なパートナーシップ契約を締結している。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る