人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

北海道最大級の肉フェス「白老牛肉まつり」5年ぶりに復活2024年5月21日

一覧へ

北海道白老郡白老町の白老牛銘柄推進協議会は6月1日~2日、北海道最大級の肉フェス「2024白老牛肉まつり」を5年ぶりに復活し、白老町で開催する。

「白老牛肉まつり」は、北海道で先駆けて黒毛和牛の生産を始めた白老町が1989年から開催してきた伝統のまつり。新型コロナウイルスの影響で2019年(第30回)を最後に開催が見送られてきたが2024年、開催地をポロトミンタラ(白老駅北観光インフォメーションセンター前広場)に移し5年ぶりに開かれる。

白老町での黒毛和牛の生産は昭和29(1954)年に44頭から始まった。北海道に最初に渡った44頭の黒毛和牛は島根県から汽車に乗り、津軽海峡を青函連絡船で渡って白老町に導入され、4年後の昭和33年にはじめて和牛の子牛が販売された。その後、紆余曲折を経て、北海道を代表する一大ブランドとなり、2004年には北海道で開かれたG7先進国首脳会議の晩餐会にも提供されるなど和牛ブランドとして歴史を刻んでいる。

このほど復活する「2024白老牛肉まつり」では、名物イベントの黒毛和牛の丸焼きを実施。前夜から夜通しで特製の丸焼き器具で牛を一頭を焼き上げる。また、1月に発生した石川県能登半島地震で牛、生産者それぞれが大きな被害にあった「能登牛」の生産者を応援する販売会を実施。さらに、新企画として、全国的にも有名なブランド牛「松阪牛」や「福島牛」の出店も決まり、黒毛和牛を食べつくすことができる。このほか、まつり会場内の一画に、子どもが楽しめる様々なスポーツ体験や型抜き、ヨーヨーすくい等の子ども縁日を開催する。

◎町制施行・和牛導入70周年記念事業 復活!!2024白老牛肉まつり
日時:6月1日9時30分~20時、6月2日9時30分 - 16時
場所:ポロトミンタラ(白老駅北観光商業ゾーン)
前売り券:限定6000枚販売場所:チケットぴあ。町民向けは、JAとまこまい広域白老支所で「白老牛焼肉レギュラーセット」のみ販売

北海道最大級の肉フェス「白老牛肉まつり」5年ぶりに復活

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る