人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

【4月上旬リリース予定】新機能追加で使いやすく!「Z-GIS」の機能強化とザルビオ連携時の使い勝手向上!2023年3月27日

一覧へ

営農管理システム「Z-GIS」は、更なる利便性向上を目的に、毎年、機能を強化するアップデートを実施している。今回は、令和5年4月上旬リリース予定の新機能について紹介する。

1.Z-GISの機能追加

(1)Z-GIS上からのワークシート反映
Z-GISには、営農管理をすぐに開始できるよう各種ワークシートが用意されている。ただし、ワークシートを利用するまでには、①Z-GISホームページ内の該当ページへのアクセス、②必要なワークシートのダウンロード、③ドラッグ&ドロップ等によるZ-GISへの反映という、多くの操作が必要となる。今回、各ユーザーのZ-GIS上で、通常のファイルを開く感覚で簡単にワークシートを反映できる機能が追加される。

Zgis1.jpg

2.ザルビオ連携の強化

(1)ザルビオ上の任意の農場を選択できる機能の追加
Z-GISからザルビオへ連携機能で圃場登録する際、農場名は強制的に「Z-GIS管理用」で登録され、名称を変更した場合、この農場への同期が出来ない。今回、Z-GIS上でザルビオに登録済みの農場を選択し、同期できる機能が追加される。

Zgis2.jpg

(2)連携作物の追加とザルビオシートの統合
現状、ザルビオへ連携可能な作物は水稲・大豆のみで、さらに、連携に利用するエクセル内のシートは分けて作成する必要がある。今回、連携可能な作物に麦・園芸作物を追加し、全ての作物をエクセル内の1シートのみで登録が出来るよう改良される。

Zgis3.jpg

(3)空圃場登録機能の追加
ザルビオ連携の際、使用するエクセルシート内には、多くの作付け情報(圃場名、作物名、品種名、播種日等)が必須項目として存在し、全て入力しなければ連携が出来ない。今回、ポリゴン情報と圃場名の入力だけで、圃場登録できる機能が追加される。

Zgis4.jpg

今回のZ-GISのアップデートにより、ユーザーの圃場管理において、更なる利便性向上が期待できる。これらの機能は、令和5年4月上旬リリースを予定している。

<新規入会キャンペーン実施中>
営農管理システム「Z-GIS」では、2022年12月1日から2023年3月31日まで「今ならお得なチャンス! はじめようスマート農業キャンペーン」を実施中です。
Z-GISに期間中に入会(新規)いただくと、申込月含め最長4か月間の利用料が無料になります。

(関連記事)
Z-GIS・ザルビオの活用事例を集めたガイドブックを発行 新規入会キャンペーンも実施中 JA全農

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る