Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

西岡さん(JA宮崎中央)、JA粕屋青年部が優勝2014年2月13日

一覧へ

第60回JA全国青年大会

 2月12、13日に東京都内で開かれた第60回JA全国青年大会で、JA青年の主張でJA宮崎中央青年部の西岡征四郎さん、JA青年組織活動実績発表で福岡県JA粕屋青年部が、それぞれ最優秀賞を受賞し、13日表彰された。

 西岡さんは、「私たちの次なるステージへ?変化が求められる今?」のテーマで発表。20歳で施設園芸を引き継ぎ、青年部の盟友にささえられながら、オランダの施設園芸に刺激を受けて、独自の農業経営分析システムを開発し、農業のイノベーションを目指す。「農業の将来に明るい期待を持たせる内容」(審査講評)として、高く評価された。
 組織活動で最優秀賞のJA粕屋青年部は秋山隆哉さんが発表し、テーマは「ヒーロ伝説?古賀ね色の継承者?」。古賀市で、保育園や幼稚園などで食育活動を繰り広げる自らを「ヒーロー」に見立て、このノリで、スイーツコーンを栽培し、「ヨメコーン改!!!」のネーイングでイベントなどでPR、販売する。「ダイナミックな取り組みで、将来性がある」(審査講評)として最優秀に選ばれた。
 なお、2日目の青年大会は、この表彰のほか、1県1名1分間スピーチ、大会宣言、「国益なきTPP参加に断固反対する」特別決議を採択。終了後、各県別に分かれて国会議員要請を行った。


(関連記事)

JA全青協が大会 会長に2人が立候補 (14.02.13)

【インタビュー】山下秀俊・JA全青協会長 農業の本当の魅力、伝えたい (14.02.12)

【現場から考える農政改革】(1)「国産を食べる」食料政策の確立を (14.02.12)

最優秀賞にJAそうま JA全青協看板コンクール (14.02.04)

座り込みと抗議行動 JA全青協(2013.11.25)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る