左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農がロンドン駐在事務所を開設2014年3月4日

一覧へ

 JA全農はEU向けの牛肉輸出強化をめざし3月1日、ロンドン駐在事務所を開設した。

 駐在事務所は子会社のJA全農ミートフーズによる牛肉輸出拡大のために、EU各国の外食店舗など取引先の開拓や現地輸入業者への営業強化、外食店舗の出店準備、運営を担う。
 ロンドンはヨーロッパ経済圏の中心で世界の富裕層が集まり日本産和牛の需要拡大が期待できる。EUへの和牛輸出は輸出認定工場の許可手続きが進んでおり、4月以降を視野に本格的な販売活動を始める。
 JA全農は牛肉輸出拡大に向け、昨年11月にシンガポール駐在事務所と開設するとともに、ニューヨークの米国全農組貿(株)内に事業拠点を新設した。米国内では3月にビバリーヒルズで創作和食レストランをオープンする予定だ。
 全農グループでは今年度の牛肉輸出量約170t実績を27年度には年間250tに伸ばす計画だ。


(関連記事)

NZへの牛肉輸出解禁(2014.03.04)

JA全農、世界卓球東京大会の冠スポンサーに(2014.02.24)

JA全農が世界卓球スポンサーに(2013.10.17)

世界卓球でおにぎり提供 JA全農(2013.04.24)

全農シンガポール事務所開設 牛肉の輸出拡大(2013.11.07)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る