JAの活動 ニュース詳細

2014.03.18 
「バケツ稲づくりセット」35万セット配布一覧へ

 JA全中は、バケツで稲を栽培する「バケツ稲づくりセット」を35万セット用意、希望する個人や学校に先着で配布する。申込み受付を3月20日から開始する。

nous1403180701.jpg バケツ稲づくり事業は、JAグループが進める「みんなのよい食プロジェクト」の一環として、米や稲作文化、農業の魅力を知ってもらうことを目的に平成元年から行っている。
 同セットの中身は▽バケツ1個分の種もみ▽肥料▽栽培マニュアル(=写真右)。バケツと土を用意すれば庭やベランダなど、場所を選ばず手軽に稲作を体験できる。
 申し込み方法はFAX、はがき、封書、インターネットで。申し込み先は「バケツ稲づくり事務局」(〒110-8722東京都台東区秋葉原2-3日本農業新聞ビル、FAX:03-5295-7491)。インターネットは「みんなのよい食プロジェクト・お米づくりに挑戦」から。
 今年からはバケツ稲づくりの情報交換や相談ができるSNS「バケツ稲づくりコミュニティ」を4月1日からスタートする。
 問い合わせはバケツ稲づくり相談室(TEL:03-5295-1323、月から金10時〜17時、祝日は除く)。

(写真)
バケツ稲の生育しているようすバケツ稲づくりマニュアル

 


(関連記事)

営農・経済革新プラン JAグループが組織協議(2014.03.17)

都市農業こそ農の価値発信を JA全中がシンポ(2014.03.13)

国会決議実現と基本農政確立で決議 全中総会(2014.03.10)

都心で働く人の健康を考えた「よい食弁当」(2013.04.01)

バケツ稲作りセット38万セット配布 JA全中(2013.03.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ