Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ホクレン CSR活動でロゴマーク2014年4月21日

一覧へ

「未来の種を蒔こう」

 地域に根差した団体として、さまざまな社会・地域貢献活動(CSR活動)を行っているホクレンは、これまでの活動とこれから取り組む活動を「HOKUREN Seed PROJECT(ホクレン・シーズ・プロジェクト)」として総称し、ロゴマークを設定した。4月から使用始めた。

nous1404210401.jpg 「Seeds」(種)は、北海道の未来に種を蒔く」との思いを込め、「支援」「教育」「環境」「振興」「社会的課題の解決」の、5つのそれぞれの活動分野を意味する英語の頭文字から命名した。
 支援(Supprt)は、児童福祉施設への北海道米寄贈などのチャリティ活動、教育(Education)は女子陸上部による陸上教室やホクレン農感塾などの地域の教育貢献、環境(Ecology)は北海道日本ハムファイターズとの共同活動などの地域の環境保全活動、振興(Development)は地域のスポーツ・文化支援など。そして社会的課題(Social subjects)は、移動購買車による社会貢献活動など、本業を通してできる課題解決の取り組みを強めている。
 ロゴマークの色は白地に薄茶(Seeds)と黄緑の文字からなる。「今まで以上に、地域貢献の活動を広く、より分かりやすく発信する」と、ホクレンでは話している。

(写真)
4月から使用しているホクレンCSR活動のロゴマーク


(関連記事)

マツコ・デラックスさんをCM起用 ホクレン(2014.02.07)

長野で紙芝居セットを寄贈 農林中金(2014.03.17)

北海道米「ななつぼし」のPR強化 ホクレン(2013.12.17)

酪農生産者と乳業は"車の両輪" 尾崎玲・協同乳業(株)代表取締役社長(2013.11.13)

熟成じゃがいも」のヒミツをレポート  じゃがい問題研究所(2013.02.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る