Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

25年度最優秀賞にJAなす南 JAバンク栃木2014年4月24日

一覧へ

 JAバンク栃木は4月17日、宇都宮市で平成26年度JAバンク推進大会を開いた。県内10JAの役職員150人以上が参加し、農業メインバンクとしての機能強化、現場営業力の強化やCS活動の実践による事業運営態勢の変革、自主的な経営改善力の強化、の3点を盛り込んだ大会宣言を満場一致で可決した。

表彰をうけるJAなす南山田組合長 大会でJAバンク栃木運営協議会の高橋武議長は「本日の大会を期に中期戦略を今一度確認し、各JAとも実践に取り組んでほしい」とあいさつ。農林中金の奥和登専務は「2年後の個人貯金目標残高1兆5000億円を達成することが、厳しい環境のなかでもJAバンク栃木の事業基盤を揺るぎないものにする」と、さらなる取り組みのまい進に期待を寄せた。
 表彰式では、25年度の最優秀賞を獲得したJAなす南の山田清組合長らに賞状が贈呈された。
 記念講演は、読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏が「日本再生のための処方箋?これからどうなる日本の政治?」をテーマに行い、「今の政治は、農業や地方への愛情が足りない」と指摘。また、消費税増税後も政権の支持率が低下していない理由を「丁寧に国民の理解を求めたから」だとして、「物事を進めるためには周到な準備が必要」だと解説した。

(写真)
表彰をうけるJAなす南山田組合長


(関連記事)

JAそうまへ、被災農地の復旧支援 農林中金(2014.04.24)

JA貯金残高91兆5000億円に 農林中金(2014.04.23)

農経連携のパイプ役に 農林中金がセミナー(2014.04.16)

「常に新たな挑戦を」 農林中金165人が入庫(2014.04.02)

小金井研修所を小平市に寄附 農林中央金庫(2014.03.28)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る