金融・共済 ニュース詳細

2014.04.24 
JAそうまへ、被災農地の復旧支援 農林中金一覧へ

 農林中央金庫は東日本大震災からの復興支援の一環で、JAそうま(福島)へ土壌改良剤散布専用機材(ライムソワー)の購入資金を助成した。

贈呈式のようす。(左から2番目)内藤一JAそうま組合長、(同3番目)有田支店長 JAそうま管内で津波被害にあった農地では、いまだに復旧に向けた除塩作業、土壌改良剤の散布などを行っている。土壌改良剤としては、石灰(カルシウム)、苦土(マグネシウム)などを含む「転炉石灰」が有効とされているが、これは粒子が飛散しやすいため散布専用の機材が必要だった。
 そこで農林中金は、23年に創設した「復興プログラム」を利用し、JAそうまへ専用機材の購入資金を提供。JAそうまは、専用機材5台を購入し散布作業を行う受託者などへ無償で貸与することにした。
 4月23日にJAで行われた贈呈式では、農林中金の有田吉弘福島支店長があいさつし、「(農林中金では)被災した生産者の農地復旧にかかる費用負担を減らし、営農再開を支援しようと取り組んでいる。ぜひ、今回の助成を活用してほしい」と、一日も早い被災農地の復旧を願った。

(写真)
贈呈式のようす。(左から2番目)内藤一JAそうま組合長、(同3番目)有田支店長


(関連記事)

JA貯金残高91兆5000億円に 農林中金(2014.04.23)

農経連携のパイプ役に 農林中金がセミナー(2014.04.16)

「常に新たな挑戦を」 農林中金165人が入庫(2014.04.02)

小金井研修所を小平市に寄附 農林中央金庫(2014.03.28)

鶏糞バイオマス発電を支援 農林中金(2014.03.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ