Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAそうまへ、被災農地の復旧支援 農林中金2014年4月24日

一覧へ

 農林中央金庫は東日本大震災からの復興支援の一環で、JAそうま(福島)へ土壌改良剤散布専用機材(ライムソワー)の購入資金を助成した。

贈呈式のようす。(左から2番目)内藤一JAそうま組合長、(同3番目)有田支店長 JAそうま管内で津波被害にあった農地では、いまだに復旧に向けた除塩作業、土壌改良剤の散布などを行っている。土壌改良剤としては、石灰(カルシウム)、苦土(マグネシウム)などを含む「転炉石灰」が有効とされているが、これは粒子が飛散しやすいため散布専用の機材が必要だった。
 そこで農林中金は、23年に創設した「復興プログラム」を利用し、JAそうまへ専用機材の購入資金を提供。JAそうまは、専用機材5台を購入し散布作業を行う受託者などへ無償で貸与することにした。
 4月23日にJAで行われた贈呈式では、農林中金の有田吉弘福島支店長があいさつし、「(農林中金では)被災した生産者の農地復旧にかかる費用負担を減らし、営農再開を支援しようと取り組んでいる。ぜひ、今回の助成を活用してほしい」と、一日も早い被災農地の復旧を願った。

(写真)
贈呈式のようす。(左から2番目)内藤一JAそうま組合長、(同3番目)有田支店長


(関連記事)

JA貯金残高91兆5000億円に 農林中金(2014.04.23)

農経連携のパイプ役に 農林中金がセミナー(2014.04.16)

「常に新たな挑戦を」 農林中金165人が入庫(2014.04.02)

小金井研修所を小平市に寄附 農林中央金庫(2014.03.28)

鶏糞バイオマス発電を支援 農林中金(2014.03.27)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る