JAの活動 ニュース詳細

2014.07.17 
教育の核として新たなセンターを JA全中一覧へ

教育審が答申

 JA全中の教育審議会(委員長:村上光雄JA全中副会長)は7月16日、萬歳章JA全中会長に「JA全国教育センターの移転に伴う、今後のJAグループにおける教育事業のあり方と施設整備について」を答申した。

 諮問は3月18日行われ、審議会は町田市のJA全国教育センターの視察も行い専門委員会と本審議会で議論してきた。
 答申では「JAが今後とも食と農を基軸に地域に根ざした協同組合であり続けるために、JA自らの課題を解決できる人材育成をJAが主体的にすすめることが、JAグループの人材育成の基本」とし、そのJAの人材育成を中央会・連合会が支援し、補完機能を発揮するとした。現在取り組んでいる「JAグループ人づくりビジョン」が打ち出した方向性を改めて強調したものといえる。
 そのうえで答申は、こうした教育事業を展開していくためには「実現するための拠点として現在のJA全国教育センターに替わる施設が必要」であり、「とくに、組合員教育をはじめとする協同組合教育を推進するための中核としての機能発揮が期待されている」とした。
 このため新たな施設の検討を進めるよう求めるとともに、新施設については組織的負担に頼ることなく、具体的な取り組みを検討していくよう答申した。

(関連記事)

【時の人 話題の組織】萬代宣雄・JA島根中央会会長 いま、なぜ1県1JAなのか?(2014.05.09)

自民党が農協の役割を議論(2014.03.18)

農政課題で要請活動 セミナーの決議実現を(2014.01.06)

【JA 人と事業】第10回 堀川千秋・JA梨北代表理事組合長に聞く(2013.12.09)

【現地ルポ・下郷農協(大分県)】消費者と提携し 地域農業を守る(2013.11.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ