JAの活動 ニュース詳細

2015.01.28 
中央会改革と所得向上の関係は?一覧へ

青年農業者が自民党PTで主張

 自民党の農協改革等法案検討PTは1月27日、農業者からのヒアリングを実施。JA全青協の黒田会長らが出席し意見を述べた。

 黒田会長は、JA全青協として若手農業者の意見をふまえたJAグループの自己改革に関する意見を提出し、それが自己改革の内容に反映されたことを評価し、自己改革を尊重すべきと話した。
 また、今回の農協改革は中央会制度、とくに監査に議論が集中しており、このことが農業者の所得向上にどう関係するのか、まったく理解できないとも主張した。
 群馬県農協青年部協議会の天笠淳家会長も出席。JA太田市理事として「中央会の指導でJA経営の自由度が妨げられているという認識はまったくない」と話したほか、中央会が組合員に代わって組織・運営・会計全般にわたる全体的・一体的な監査を実施していることを評価しているとした。
 また、地元の仲間とともに営農指導や販売・購買の強化を工夫してきたと話し、現場の感度とあったJAグループの自己改革を政府は応援すべきなどと主張した。
 そのほかヒアリングには(有)横浜ファームの笠原節夫代表取締役、農事組合法人さんぶ野菜ネットワークの下山久信事務局長兼常勤理事、(有)ぶどうばたけの三森かおり取締役が意見を述べた。
 農協改革の必要性では一致したが、中央会監査については評価する意見のほか、公認会計士監査との選択制でいいのではとの指摘もあった。

 

(関連記事)

農協改革、内閣一体で取り組む 西川農相(2015.01.28)

農協法に「地域振興」明記を 河野・中金理事長(2015.01.23)

総合農協の特性ふまえた中央会監査は必要(15.01.23)

【提言】佐賀県知事選と農協「改革」 田代洋一・大妻女子大学教授(15.01.22)

【正義派の農正論】財界のための農協監査(2015.01.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ