Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農協法に「地域振興」明記を 河野・中金理事長2015年1月23日

一覧へ

 自民党の農協改革等法案検討PTは1月23日の会合で前日のJA全中に続き、JA全農などJAグループからのヒアリングを行った。

◆全農株式会社化 根拠が必要

 JA全農は中野吉實会長と成清一臣代表理事理事長が出席した。
 全農の株式会社化について成清理事長は、協同組合と利益を目的とする株式会社では理念が違うことを上げ、組織形態の重大な変更であり「会員総代が納得できる合理的な根拠が必要」だとして、まずは現行体制で経済界との連携を強めるなど、販売力を強化して農家の所得向上につなげる戦略を充実させていく方針を示した。
 議員からは株式会社化をして全農の営業力を強化すべき、との意見もあったが、成清理事長は「先に組織形態を変えることは現場に混乱を生む」などとしたうえで、JAが連携して組合員のニーズに応える連合会事業の強化を強調した。

 

◆自由度奪われていない

 JA共済事業については山本伸雄・JA共済連副会長がJAの事務負担軽減に向けた取り組みを説明した。
 信用事業については河野良雄・農林中金理事長がJAが選択する場合の信用事業代理店スキームの概要などを説明したほか、信用事業も農業振興とともに、地域の住民へのサービスや地域貢献の役割を果たしているとして、地域振興を担う農協の役割を「農協法に加えることも必要ではないか」などと述べた。
 また、加倉井豊邦JA全厚連会長が厚生連病院などの事業を紹介、「患者さんに組合員ですか、とは聞けません。地域のなかに存在している病院として員外利用の例外規定を。公的医療機関としての役割を果たしていきたい」と述べた。
 出席議員から中央会が単協の自由度を奪っているとの指摘について加倉井会長に質問が出て、会長はJA北つくば組合長として、JAで米の買取販売や子育て支援、JA出資法人による農業経営など多様な事業に先駆的に取り組んできたことを上げ、これらの事業を展開するにあたって「中央会や全農にしばられたことなどありません」と強調した。


(関連記事)

総合農協の特性ふまえた中央会監査は必要(15.01.23)

【提言】佐賀県知事選と農協「改革」 田代洋一・大妻女子大学教授(15.01.22)

【正義派の農正論】財界のための農協監査(2015.01.19)

全中監査は最も有効 萬歳・JA全中会長(2015.01.16)

JAの"大義"発信を 新世紀JA研究会顧問・福間莞爾 (14.11.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る